ピョートル・グメンニク【2020年~2021年 グランプリロステレコム杯 男子シングル ショートプログラム】の競技結果(プロトコル)


このプロトコルの競技者&大会&競技&エントリー

ピョートル・グメンニク / Petr Gumennik

ショートプログラムのプロトコル

ロシアの国旗ロシアピョートル・グメンニク
点数 大会平均(差分) 順位
TES 53.96 44.29(+9.67 2位 / 12人
PCS 42.30 41.26(+1.04 5位 / 12人
減点
Total 96.26 85.30(+10.96 2位 / 12人

※大会平均は本大会の男子シングルの総得点をWD・FNRを除いた人数で割ったもの
※差分は大会平均との差

フィギュアスケートのプロトロコル(ジャッジスコア)ピョートル・グメンニクが2020年~2021年 グランプリロステレコム杯 男子シングル ショートプログラムで行った演技
引用:JudgeScores

関連情報

男子シングルのエントリー一覧:男子シングル
リザルト(ショートプログラムとフリープログラムの総合結果):リザルト

近似値のプロトコル

同一競技(男子シングル)で技術点がプラマイ2%以内のプロトコル

※シーズンによるルール違い・国際/国内大会での評価基準の偏りは現在考慮していません(検討中)

TES 所属国 選手/大会
54.92 宇野 昌磨(2017-2018 2018四大陸選手権)
54.91 ミハイル・コリヤダ(2017-2018 2018ロシア選手権)
54.86 ミハイル・コリヤダ(2017-2018 2018世界選手権)
54.84 羽生 結弦(2013-2014 ソチオリンピック)
54.54 ドミトリー・アリエフ(2019-2020 GPS2019スケートアメリカ)
54.52 チャ・ジュナン(2018-2019 2019四大陸選手権)
54.23 金 博洋(2019-2020 2020四大陸選手権)
54.11 パトリック・チャン(2016-2017 2017世界選手権)
54.05 ミハイル・コリヤダ(2018-2019 2019ヨーロッパ選手権)
53.96 ピョートル・グメンニク(2020-2021 グランプリロステレコム杯)
53.71 アンドリュー・トルガシェフ(2019-2020 2020全米選手権)
53.54 宇野 昌磨(2015-2016 第84回全日本選手権)
53.06 ハビエル・フェルナンデス(2015-2016 2016世界選手権)
53.03 金 博洋(2017-2018 2018世界選手権)
52.97 マキシム・コフトゥン(2016-2017 2017ヨーロッパ選手権)

このページの現在地


画像や動画のリンク切れ・内容間違いは不具合報告からご指摘いただけると助かります。
また、その他のお問い合わせや「こんな表示をしてほしい」希望がありましたらお問い合わせからメッセージをお送りいただければ可能な限り対応いたします。

コメント

コメントをお待ちしています。

コメント

HTMLタグはご利用いただけません

ページ上部へ戻る