国別フィギュアスケーター数

フィギュアスケート選手が登録されている国一覧2020/04/10時点で、当サイトにフィギュアスケート選手が登録されている国のみ表示しています。(1人も選手が登録されていない国は表示していません…

  • 0
  • 0
続きを読む

バサル・オクタル【2019年~2020年 2020世界ジュニア選手権 男子シングル フリープログラム】の競技結果(プロトコル)


このプロトコルの競技者&大会&競技&エントリー

バサル・オクタル / Basar OKTAR

フリープログラムのプロトコル

トルコの国旗トルコバサル・オクタル
点数 大会平均(差分) 順位
TES 55.74 61.76(-6.02 19位 / 24人
PCS 62.72 66.54(-3.82 19位 / 24人
減点
Total 118.46 127.47(-9.01 19位 / 24人

※大会平均は本大会の男子シングルの総得点をWD・FNRを除いた人数で割ったもの
※差分は大会平均との差

フィギュアスケートのプロトロコル(ジャッジスコア)バサル・オクタルが2019年~2020年 2020世界ジュニア選手権 男子シングル フリープログラムで行った演技
引用:Results

関連情報

男子シングルのエントリー一覧:男子シングル
リザルト(フリープログラムとショートプログラムの総合結果):リザルト

近似値のプロトコル

同一競技(男子シングル)で技術点がプラマイ2%以内のプロトコル

※シーズンによるルール違い・国際/国内大会での評価基準の偏りは現在考慮していません(検討中)

TES 所属国 選手/大会
56.81 イヴァン・シュムラトコ(2018-2019 2019世界ジュニア選手権)
56.75 アンドレイ・ラズキン(2019-2020 ロシア選手権2020)
56.75 イ・ジュンヒョン(2013-2014 2014世界ジュニア選手権)
56.74 コンラッド・オーゼル(2019-2020 GPS2019中国杯)
56.62 マイカ・カイ・リネット(2017-2018 2018世界ジュニア選手権)
56.59 川原 星(2015-2016 第84回全日本選手権)
56.59 片伊勢 武(2017-2018 第86回全日本ジュニア選手権)
56.53 キム・ミンソク(2011-2012 2012四大陸選手権)
56.49 マティアシュ・ベロラドスキー(2019-2020 2020ヨーロッパ選手権)
56.30 シモン・オクー(2013-2014 2014世界ジュニア選手権)
56.25 磯崎 大介 (2015-2016 第84回全日本選手権)
56.20 アレクセイ・ビチェンコ(2018-2019 2018グランプリスケートアメリカ)
56.17 ケヴィン・レイノルズ(2018-2019 2018グランプリスケートアメリカ)
56.15 イ・ドンウォン(2013-2014 2014四大陸選手権)
56.14 イ・シヒョン(2017-2018 2018四大陸選手権)
56.13 アンドレス・フェリペ・モントーヤ (2017-2018 2018ヨーロッパ選手権)
56.12 山藤 一悟(2017-2018 第86回全日本ジュニア選手権)
56.11 イ・ジュンヒョン(2016-2017 2017四大陸選手権)
56.08 ヌルリア・サハラ(2017-2018 2018世界ジュニア選手権)
56.07 櫛田 一樹(2018-2019 第87回全日本選手権)
56.06 アブザル・ラキムガリエフ(2014-2015 2015四大陸選手権)
56.06 マイカ・カイ・リネット(2019-2020 2020四大陸選手権)
56.04 アレクサンダー・ペトロフ(2017-2018 2017グランプリ中国杯)
56.01 木科 雄登(2016-2017 第85回全日本選手権)
55.92 フィリップ・ハリス(2015-2016 2016ヨーロッパ選手権)
55.85 鍵山 優真(2017-2018 第86回全日本ジュニア選手権)
55.74 バサル・オクタル(2019-2020 2020世界ジュニア選手権)
55.71 ニコライ・メモラ(2019-2020 ユースオリンピック2020)
55.69 張鶴(2013-2014 2014世界ジュニア選手権)
55.68 イジー・ベロラドスキー(2015-2016 2016ヨーロッパ選手権)
55.68 アダム・シャオ・イム・ファ(2017-2018 2018世界ジュニア選手権)
55.67 佐藤 洸彬(2017-2018 2017グランプリNHK杯)
55.60 長谷川 一輝(2017-2018 第86回全日本ジュニア選手権)
55.53 朝賀 俊太朗(2019-2020 第88回全日本ジュニア選手権)
55.47 クリストファー・カルザ(2019-2020 2020四大陸選手権)
55.41 セルゲイ・ヴォロノフ(2014-2015 2015世界選手権)
55.22 アレクサンダー・ジョンソン(2018-2019 グランプリ2018NHK杯)
55.18 グラハム・ニューベリー(2016-2017 2017世界ジュニア選手権)
55.13 アレキサンドル・セレフコ(2019-2020 2020世界ジュニア選手権)
55.02 山田 耕新(2019-2020 第88回全日本選手権)
54.92 田中 刑事(2018-2019 グランプリオブフィギュアスケートヘルシンキ2018)
54.83 ロマン・サボシン(2018-2019 2019ロシア選手権)
54.80 アルトゥール・ドミトリエフ(2018-2019 グランプリロステレコム杯)
54.72 アンドレイ・ラズキン(2019-2020 GPS2019スケートカナダ)
54.66 リアム・カペイキス(2019-2020 ユースオリンピック2020)

このページの現在地


画像や動画のリンク切れ・内容間違いは不具合報告からご指摘いただけると助かります。
また、その他のお問い合わせや「こんな表示をしてほしい」希望がありましたらお問い合わせからメッセージをお送りいただければ可能な限り対応いたします。

コメント

コメントをお待ちしています。

コメント

HTMLタグはご利用いただけません

sponsored

最近のコメント

ページ上部へ戻る