国別フィギュアスケーター数

フィギュアスケート選手が登録されている国一覧2020/04/10時点で、当サイトにフィギュアスケート選手が登録されている国のみ表示しています。(1人も選手が登録されていない国は表示していません…

  • 0
  • 0
続きを読む

金 博洋【2013年~2014年 2014世界ジュニア選手権 男子シングル フリープログラム】の競技結果(プロトコル)


このプロトコルの競技者&大会&競技&エントリー

金 博洋 (きんはくよう) / Boyang JIN

フリープログラムのプロトコル

中華人民共和国 (中国)の国旗中華人民共和国 (中国)金 博洋
点数 大会平均(差分) 順位
TES 68.63 59.33(+9.30 6位 / 24人
PCS 64.50 57.67(+6.83 6位 / 24人
減点 -1
Total 132.13 116.33(+15.80 6位 / 24人

※大会平均は本大会の男子シングルの総得点をWD・FNRを除いた人数で割ったもの
※差分は大会平均との差

フィギュアスケートのプロトロコル(ジャッジスコア)金 博洋が2013年~2014年 2014世界ジュニア選手権 男子シングル フリープログラムで行った演技
引用:Results

関連情報

男子シングルのエントリー一覧:男子シングル
リザルト(フリープログラムとショートプログラムの総合結果):リザルト

近似値のプロトコル

同一競技(男子シングル)で技術点がプラマイ2%以内のプロトコル

※シーズンによるルール違い・国際/国内大会での評価基準の偏りは現在考慮していません(検討中)

TES 所属国 選手/大会
70.00 デニス・ヴァシリエフス(2015-2016 2016ヨーロッパ選手権)
69.92 マッテオ・リッツォ(2017-2018 2018世界ジュニア選手権)
69.90 中村 優(2016-2017 第85回全日本選手権)
69.84 ジェイソン・ブラウン(2018-2019 2019世界選手権)
69.83 二コラ・ナドー(2019-2020 GPS2019スケートカナダ)
69.79 ブレンダン・ケリー(2019-2020 GPS2019中国杯)
69.72 ロマン・サドフスキー(2018-2019 2018グランプリスケートカナダ)
69.70 セルゲイ・ヴォロノフ(2019-2020 GPS2019NHK杯)
69.70 張鶴(2019-2020 2020四大陸選手権)
69.66 アンドレイ・ズベル(2019-2020 ロシア選手権2020)
69.63 ミーシャ・ジー(2013-2014 ソチオリンピック)
69.51 ブライアン・ジュベール(2013-2014 ソチオリンピック)
69.35 アレクセイ・ビチェンコ(2018-2019 2019世界選手権)
69.35 小塚 崇彦(2015-2016 第84回全日本選手権)
69.30 ケビン・エイモズ(2018-2019 2018グランプリフランス杯)
69.28 アレクサンデル・マヨロフ(2018-2019 2019ヨーロッパ選手権)
69.21 金 博洋(2018-2019 グランプリオブフィギュアスケートヘルシンキ2018)
69.20 アダム・シャオ・イム・ファ(2019-2020 2020世界ジュニア選手権)
69.17 ロス・マイナー(2017-2018 2017グランプリスケートアメリカ)
69.15 ポール・フェンツ(2018-2019 グランプリロステレコム杯)
69.12 ジュリアン・ジージェイイー(2015-2016 2016四大陸選手権)
69.07 イワン・パブロフ(2016-2017 2017ヨーロッパ選手権)
68.99 ナム・ニューエン(2018-2019 2018グランプリスケートアメリカ)
68.98 ヨリック・ヘンドリックス(2015-2016 2016ヨーロッパ選手権)
68.97 シャフィク・ベセギエ(2015-2016 2016世界選手権)
68.94 リアム・フィルス(2017-2018 2017グランプリスケートアメリカ)
68.89 宇野 昌磨(2013-2014 2014世界ジュニア選手権)
68.88 カムデン・プルキネン(2019-2020 2020四大陸選手権)
68.85 ケヴィン・レイノルズ(2015-2016 2016四大陸選手権)
68.77 ロス・マイナー(2012-2013 2013四大陸選手権)
68.71 田中 刑事(2016-2017 2017四大陸選手権)
68.70 キーガン・メッシング(2018-2019 グランプリロステレコム杯)
68.70 コンラッド・オーゼル(2016-2017 2017世界ジュニア選手権)
68.65 鍵山 優真(2019-2020 2020世界ジュニア選手権)
68.63 セルゲイ・ヴォロノフ(2019-2020 ロシア選手権2020)
68.63 金 博洋(2013-2014 2014世界ジュニア選手権)
68.59 アレクサンドル・サマリン(2014-2015 2015世界ジュニア選手権)
68.50 ドノヴァン・カリージョ(2017-2018 2018四大陸選手権)
68.44 ピョートル・グメンニク(2019-2020 ロシア選手権2020)
68.42 小塚 崇彦(2013-2014 2014世界選手権)
68.40 山本 草太(2018-2019 第87回全日本選手権)
68.38 ニコライ・マヨロフ(2019-2020 2020ヨーロッパ選手権)
68.29 ミーシャ・ジー(2014-2015 2015四大陸選手権)
68.28 山隈 太一朗(2018-2019 第87回全日本選手権)
68.27 イ・ジュンヒョン(2013-2014 2014四大陸選手権)
68.23 ミハル・ブレジナ(2018-2019 2019ヨーロッパ選手権)
68.09 ジェイソン・ブラウン(2013-2014 ソチオリンピック)
68.06 アレクサンドル・サマリン(2017-2018 2018ロシア選手権)
68.05 無良 崇人(2016-2017 第85回全日本選手権)
68.04 レオニード・スビリデンコ(2019-2020 ロシア選手権2020)
68.02 ブレンダン・ケリー(2017-2018 2018四大陸選手権)
68.02 キム・ジンソ(2013-2014 2014世界選手権)
67.99 グラハム・ニューベリー(2016-2017 2017ヨーロッパ選手権)
67.99 ミハイル・コリヤダ(2016-2017 2016グランプリNHK杯)
67.97 アダム・リッポン(2016-2017 2016グランプリファイナル)
67.93 アーミン・マーバヌーザデー(2010-2011 2011四大陸選手権)
67.83 リチャード・ドーンブッシュ(2013-2014 2014四大陸選手権)
67.78 アレクセイ・ビチェンコ(2019-2020 2020ヨーロッパ選手権)
67.75 イラクリ・マイスラーゼ(2017-2018 2018ヨーロッパ選手権)
67.75 アンドレイ・ラズキン(2017-2018 2018ロシア選手権)
67.74 島田 高志郎(2016-2017 第85回全日本選手権)
67.70 閻涵(2014-2015 2015世界選手権)
67.61 チャ・ジュナン(2019-2020 GPS2019スケートアメリカ)
67.60 ポール・フェンツ(2018-2019 2019ヨーロッパ選手権)
67.59 ケビン・エイモズ(2016-2017 2017世界ジュニア選手権)
67.58 デニス・ヴァシリエフス(2018-2019 2019世界選手権)
67.49 王一(2012-2013 2013四大陸選手権)
67.48 アレクセイ・ビチェンコ(2014-2015 2015世界選手権)
67.40 アレクセイ・クラスノジョン(2018-2019 グランプリオブフィギュアスケートヘルシンキ2018)
67.33 張鶴(2019-2020 GPS2019中国杯)

このページの現在地


画像や動画のリンク切れ・内容間違いは不具合報告からご指摘いただけると助かります。
また、その他のお問い合わせや「こんな表示をしてほしい」希望がありましたらお問い合わせからメッセージをお送りいただければ可能な限り対応いたします。

コメント

コメントをお待ちしています。

コメント

HTMLタグはご利用いただけません

sponsored

最近のコメント

ページ上部へ戻る