国別フィギュアスケーター数

フィギュアスケート選手が登録されている国一覧2020/04/10時点で、当サイトにフィギュアスケート選手が登録されている国のみ表示しています。(1人も選手が登録されていない国は表示していません…

  • 0
  • 0
続きを読む

ヤロスラフ・パニオット【2014年~2015年 2015世界選手権 男子シングル ショートプログラム】の競技結果(プロトコル)


このプロトコルの競技者&大会&競技&エントリー

ヤロスラフ・パニオット / Yaroslav PANIOT

ショートプログラムのプロトコル

ウクライナの国旗ウクライナヤロスラフ・パニオット
点数 大会平均(差分) 順位
TES 40.09 37.40(+2.69 11位 / 30人
PCS 29.00 35.40(-6.40 27位 / 30人
減点
Total 69.09 72.53(-3.44 20位 / 30人

※大会平均は本大会の男子シングルの総得点をWD・FNRを除いた人数で割ったもの
※差分は大会平均との差

フィギュアスケートのプロトロコル(ジャッジスコア)ヤロスラフ・パニオットが2014年~2015年 2015世界選手権 男子シングル ショートプログラムで行った演技
引用:Results

関連情報

男子シングルのエントリー一覧:男子シングル
リザルト(ショートプログラムとフリープログラムの総合結果):リザルト

近似値のプロトコル

同一競技(男子シングル)で技術点がプラマイ2%以内のプロトコル

※シーズンによるルール違い・国際/国内大会での評価基準の偏りは現在考慮していません(検討中)

TES 所属国 選手/大会
40.89 ニコライ・マヨロフ(2019-2020 2020ヨーロッパ選手権)
40.87 マッテオ・リッツォ(2015-2016 2016ヨーロッパ選手権)
40.86 アルチョム・レズェエフ(2017-2018 2018ロシア選手権)
40.85 中村 優(2019-2020 第88回全日本選手権)
40.85 ブレンダン・ケリー(2017-2018 2018世界選手権)
40.85 ジェレミー・アボット(2013-2014 2014世界選手権)
40.82 ミーシャ・ジー(2014-2015 2015世界選手権)
40.81 デニス・テン(2012-2013 2013四大陸選手権)
40.78 イ・シヒョン(2017-2018 2018世界ジュニア選手権)
40.78 デニス・ヴァシリエフス(2015-2016 2016世界ジュニア選手権)
40.78 イリア・マリニン(2019-2020 2020世界ジュニア選手権)
40.76 羽生 結弦(2010-2011 2011四大陸選手権)
40.76 ミーシャ・ジー(2016-2017 2017世界選手権)
40.72 島田 高志郎(2019-2020 GPS2019NHK杯)
40.66 ナム・ニューエン(2013-2014 2014世界ジュニア選手権)
40.63 アレクサンデル・マヨロフ(2015-2016 2016ヨーロッパ選手権)
40.62 アレクサンドル・サマリン(2016-2017 2017ヨーロッパ選手権)
40.60 ミーシャ・ジー(2017-2018 2018四大陸選手権)
40.58 レオニード・スビリデンコ(2019-2020 ロシア選手権2020)
40.58 ジェイソン・ブラウン(2017-2018 2017グランプリNHK杯)
40.57 ジェレミー・テン(2013-2014 2014四大陸選手権)
40.56 佐藤 洸彬(2017-2018 2017グランプリNHK杯)
40.54 王一(2014-2015 2015四大陸選手権)
40.53 イヴァン・シュムラトコ(2018-2019 2019世界ジュニア選手権)
40.53 マックス・アーロン(2013-2014 2014世界選手権)
40.52 ロマン・ポンサール(2019-2020 GPS2019フランス杯)
40.51 張鶴(2019-2020 GPS2019中国杯)
40.49 鍵山 優真(2019-2020 第88回全日本選手権)
40.47 マッテオ・リッツォ(2017-2018 2018世界選手権)
40.47 ガブリエレ・フランジパーニ(2019-2020 2020世界ジュニア選手権)
40.44 佐藤 駿(2019-2020 第88回全日本ジュニア選手権)
40.42 アレクサンダー・ペトロフ(2014-2015 2015世界ジュニア選手権)
40.41 金 博洋(2018-2019 2018グランプリフランス杯)
40.39 グラント・ホッホスタイン(2015-2016 2016四大陸選手権)
40.36 ジュリアン・ジージェイイー(2019-2020 GPS2019スケートカナダ)
40.36 アントン・シュレポフ(2019-2020 ロシア選手権2020)
40.32 アレクセイ・ビチェンコ(2018-2019 2019世界選手権)
40.28 アレクサンドル・サマリン(2014-2015 2015世界ジュニア選手権)
40.27 ケヴィン・レイノルズ(2012-2013 2013四大陸選手権)
40.23 ミハイル・コリヤダ(2017-2018 2018ヨーロッパ選手権)
40.21 田中 刑事(2019-2020 第88回全日本選手権)
40.21 木科 雄登(2018-2019 第87回全日本ジュニア選手権)
40.19 ケビン・エイモズ(2015-2016 2016世界ジュニア選手権)
40.19 マキシム・ナウモフ(2019-2020 2020世界ジュニア選手権)
40.16 田中 刑事(2017-2018 2018世界選手権)
40.11 ポール・フェンツ(2016-2017 2017世界選手権)
40.10 金 博洋(2019-2020 2019グランプリファイナル)
40.09 ヤロスラフ・パニオット(2014-2015 2015世界選手権)
40.07 フローラン・アモディオ(2015-2016 2016ヨーロッパ選手権)
40.06 アレキサンドル・セレフコ(2019-2020 2020ヨーロッパ選手権)
40.05 ミハル・ブレジナ(2016-2017 2017世界選手権)
40.04 ナム・ニューエン(2016-2017 2016グランプリNHK杯)
40.00 アダム・シャオ・イム・ファ(2019-2020 2020世界ジュニア選手権)
39.99 本田ルーカス剛史(2019-2020 第88回全日本ジュニア選手権)
39.99 ブレンダン・ケリー(2018-2019 2019四大陸選手権)
39.99 島田 高志郎(2018-2019 2019世界ジュニア選手権)
39.97 アルトゥール・ダニエリアン(2017-2018 2018世界ジュニア選手権)
39.96 ミーシャ・ジー(2015-2016 2016世界選手権)
39.93 ドノヴァン・カリージョ(2019-2020 2020四大陸選手権)
39.93 ジョナサン・ヘス(2017-2018 2018世界ジュニア選手権)
39.92 アレクセイ・クラスノジョン(2018-2019 グランプリロステレコム杯)
39.91 ミハル・ブレジナ(2019-2020 GPS2019ロステレコム杯)
39.89 マッテオ・リッツォ(2019-2020 2020ヨーロッパ選手権)
39.88 ヨリック・ヘンドリックス(2013-2014 ソチオリンピック)
39.82 アレクサンドル・サマリン(2019-2020 2019グランプリファイナル)
39.79 アダム・リッポン(2011-2012 2012四大陸選手権)
39.75 アレクセイ・クラスノジョン(2019-2020 GPS2019ロステレコム杯)
39.73 樋渡 知樹(2018-2019 2019四大陸選手権)
39.70 アレクサンダー・ペトロフ(2015-2016 2016ヨーロッパ選手権)
39.66 アレクセイ・クラスノジョン(2018-2019 グランプリオブフィギュアスケートヘルシンキ2018)
39.64 金 博洋(2013-2014 2014世界ジュニア選手権)
39.61 ドミトリー・アリエフ(2017-2018 2018世界選手権)
39.57 ケヴィン・レイノルズ(2016-2017 2017四大陸選手権)
39.56 アレクセイ・ビチェンコ(2013-2014 2014世界選手権)
39.54 須本 光希(2017-2018 2018世界ジュニア選手権)
39.52 ヴィンセント・ゾウ(2018-2019 2018グランプリスケートアメリカ)
39.49 木科 雄登(2019-2020 第88回全日本ジュニア選手権)
39.48 ブレンダン・ケリー(2019-2020 2020四大陸選手権)
39.47 ポール・フェンツ(2016-2017 2017ヨーロッパ選手権)
39.45 ダニエル・サモヒン(2017-2018 2018世界選手権)
39.40 ドミトリー・アリエフ(2017-2018 2017グランプリNHK杯)
39.39 田中 刑事(2019-2020 GPS2019スケートカナダ)
39.39 ジュリアン・ジージェイイー(2017-2018 2018世界選手権)
39.39 ヤロスラフ・パニオット(2016-2017 2017世界ジュニア選手権)
39.39 マカール・イグナトフ(2017-2018 2018ロシア選手権)
39.37 イ・ジュンヒョン(2019-2020 2020四大陸選手権)
39.37 ブレンダン・ケリー(2014-2015 2015世界選手権)
39.36 アンドレイ・ロゴジン(2012-2013 2013四大陸選手権)
39.36 アルトゥール・ドミトリエフ(2018-2019 2019ロシア選手権)
39.32 セルゲイ・ヴォロノフ(2018-2019 2018グランプリスケートアメリカ)
39.31 チャ・ジュナン(2018-2019 2019世界選手権)
39.31 金 博洋(2014-2015 2015世界ジュニア選手権)

このページの現在地


画像や動画のリンク切れ・内容間違いは不具合報告からご指摘いただけると助かります。
また、その他のお問い合わせや「こんな表示をしてほしい」希望がありましたらお問い合わせからメッセージをお送りいただければ可能な限り対応いたします。

コメント

コメントをお待ちしています。

コメント

HTMLタグはご利用いただけません

sponsored

最近のコメント

ページ上部へ戻る