スター・アンドリューズ【2016年~2017年 2017世界ジュニア選手権 女子シングル フリープログラム】の競技結果(プロトコル)


このプロトコルの競技者&大会&競技&エントリー

スター・アンドリューズ / Starr ANDREWS

フリープログラムのプロトコル

アメリカ合衆国の国旗アメリカ合衆国スター・アンドリューズ
点数 大会平均(差分) 順位
TES 44.06 49.59(-5.53 17位 / 24人
PCS 49.16 47.38(+1.78 9位 / 24人
減点
Total 93.22 96.17(-2.95 12位 / 24人

※大会平均は本大会の女子シングルの総得点をWD・FNRを除いた人数で割ったもの
※差分は大会平均との差

フィギュアスケートのプロトロコル(ジャッジスコア)スター・アンドリューズが2016年~2017年 2017世界ジュニア選手権 女子シングル フリープログラムで行った演技
引用:Results

関連情報

女子シングルのエントリー一覧:女子シングル
リザルト(フリープログラムとショートプログラムの総合結果):リザルト

近似値のプロトコル

同一競技(女子シングル)で技術点がプラマイ2%以内のプロトコル

※シーズンによるルール違い・国際/国内大会での評価基準の偏りは現在考慮していません(検討中)

TES 所属国 選手/大会
44.89 岩野 桃亜(2018-2019 第87回全日本ジュニア選手権)
44.88 リー・セルナ(2019-2020 2020ヨーロッパ選手権)
44.87 ヴェロニク・マレー(2019-2020 GPS2019スケートカナダ)
44.87 エリスカ・ブレジノワ(2019-2020 2020ヨーロッパ選手権)
44.85 ミハエラ・ルチエ・ハンズリコヴァー(2016-2017 2017世界ジュニア選手権)
44.83 シンシア・ファヌフ(2011-2012 2012四大陸選手権)
44.77 ニキ・ヴォリーズ(2015-2016 2016ヨーロッパ選手権)
44.74 スタニスラワ・コンスタンチノワ(2019-2020 GPS2019ロステレコム杯)
44.70 趙子セン(2015-2016 2016世界選手権)
44.59 ヴェロニク・マレー(2014-2015 2015四大陸選手権)
44.57 本田 真凜(2019-2020 GPS2019中国杯)
44.51 スタニスラワ・コンスタンチノワ(2019-2020 GPS2019スケートアメリカ)
44.48 ソン・ソヒョン(2016-2017 2017四大陸選手権)
44.44 アンナ・フニチェンコワ(2015-2016 2016ヨーロッパ選手権)
44.28 アレーヌ・シャルトラン(2018-2019 2019世界選手権)
44.28 クリスティン・スポウルス(2018-2019 2019世界ジュニア選手権)
44.19 カイラニ・クレイン(2019-2020 GPS2019中国杯)
44.14 加藤 利緒菜(2015-2016 第84回全日本選手権)
44.12 エリザヴェート・トゥルシンバエワ(2017-2018 2018四大陸選手権)
44.06 スター・アンドリューズ(2016-2017 2017世界ジュニア選手権)
44.05 アナスタシヤ・ガルスチャン(2014-2015 2015世界ジュニア選手権)
44.04 アリーナ・スーピアン(2018-2019 2019世界ジュニア選手権)
44.02 アレクサンドラ・フェイギン(2018-2019 2019世界ジュニア選手権)
43.98 マエ・ベレニス・メイテ(2016-2017 2017ヨーロッパ選手権)
43.95 森 千夏(2015-2016 第84回全日本選手権)
43.92 アンナ・クズメンコ(2018-2019 2019世界ジュニア選手権)
43.92 ブルックリー・ハン(2013-2014 2014世界選手権)
43.86 ヨシ・ヘルゲソン(2015-2016 2016ヨーロッパ選手権)
43.84 アメリー・ラコステ(2011-2012 2012四大陸選手権)
43.82 イー・クリスティ・レオン(2018-2019 2019世界ジュニア選手権)
43.75 浦松 千聖(2018-2019 第87回全日本ジュニア選手権)
43.63 イサドラ・ウィリアムズ(2018-2019 2019四大陸選手権)
43.62 アンゲリーナ・クチヴァルスカ(2016-2017 2017ヨーロッパ選手権)
43.59 スター・アンドリューズ(2018-2019 2018グランプリスケートアメリカ)
43.59 アレキサンドラ・ゴロフキナ(2015-2016 2016ヨーロッパ選手権)
43.43 川畑 和愛(2019-2020 2020世界ジュニア選手権)
43.41 アニータ・オストルンド(2019-2020 2020ヨーロッパ選手権)
43.39 スタニスラワ・コンスタンチノワ(2017-2018 2018世界選手権)
43.37 ケイトリン・ハー(2019-2020 2020全米選手権)
43.36 アネッテ・ランチェ(2019-2020 2020世界ジュニア選手権)
43.30 エミー・ペルトネン(2019-2020 GPS2019ロステレコム杯)
43.30 ロベルタ・ロデギエーロ(2014-2015 2015世界選手権)
43.19 グイア・マリア・タリアピエトラ(2014-2015 2015世界ジュニア選手権)
43.18 レイナ・ハムイ(2012-2013 2013四大陸選手権)

このページの現在地


画像や動画のリンク切れ・内容間違いは不具合報告からご指摘いただけると助かります。
また、その他のお問い合わせや「こんな表示をしてほしい」希望がありましたらお問い合わせからメッセージをお送りいただければ可能な限り対応いたします。

コメント

コメントをお待ちしています。

コメント

HTMLタグはご利用いただけません

ページ上部へ戻る